シャワーを浴びている女性

デリヘル求人に体験入店する際のタトゥーの扱いは

眼鏡をかけている女性

デリヘル求人に応募してタトゥーが入っていたら、これで大丈夫なのかと気になる人は多いでしょう。体験入店して接客している間にタトゥーがあることはわかるので、隠さず正直にタトゥーがどの程度あるのかということを面接で話しておいた方がいいでしょう。
タトゥーもさまざまで、ワンポイント入っているだけならお客さんも気づかない程度のことが多いですが、多少目立つようなら、汗をかく仕事ですからファンデーションでごまかすことはできません。
結論を言うと、タトゥーがあって体験入店できるデリヘルはあります。お店によって扱いはさまざまで、タトゥーがあるから体験入店が終わって本入店になってもバック率を下げることもあります。また、タトゥーファンのお客さんもいるのでそういったタトゥー専門デリヘルでは稼げるでしょう。せっかく面接に行ってもそこで落とされるのは嫌なので電話やメールでタトゥーがあることを正直に伝えておきましょう。
お店が求めているのはお客さんが再指名したくなる売れっ子です。タトゥーのあるなしではなく、お客さんの好みに合うか、お客さんが満足してくれるサービスやプレイができるかということです。お店のイメージが固すぎると働きにくいでしょう。タトゥーを理解して受け入れてくれるお店に体験入店することをおすすめします。

Topics

Article List